学生くんの本音で一人旅

日々おもしろいを求めて

日帰り旅行の定番! 今回からは毒舌!? 日光、鬼怒川へ

どうも。学生くんです。

 

まず始めに最近ブログ更新してなくてすいません。

 

しばらくは、また毎日更新していく予定です。

 

さて、今回訪れたのは栃木県の日光、鬼怒川です。

このあたりは関東の方だと小学校の修学旅行なんかで行ったって人も多いかと思います。

 

そんなこんなで早朝の浅草駅へ。

 


f:id:gakuseikun:20170219000250j:image

 

快速列車でまずは日光まで行きます。

 


f:id:gakuseikun:20170219000444j:image

 

座席は画像のようにボックスシートで柔らかく

とても快適です。

 

座席に座ってゆっくりしていると列車が動き出しました。

 


f:id:gakuseikun:20170219000753j:image

 

日の出とともに隅田川をわたり、ゆっくりと日光へ向かって行きます。

 

早起きのせいもあり北千住を出た頃には爆睡してしまいました。

 

 

ふと目を覚ますと下今市駅についていました。

が、ここでびっくり。

 

なんと僕が乗っていた電車は6両編成だったのですが、日光へ行くのは後ろの2両のみ。

僕が乗っていたのは一番前の車両だったので

日光には行かないとの放送が!

 

慌てて後ろの車両に移動しました。

 

下今市では後2両が切り離されるため、

切り離し作業が行われていました。


f:id:gakuseikun:20170219001437j:image

 

 

突然のアクシデントはありましたが、

なんとか無事に東武日光駅に到着しました。


f:id:gakuseikun:20170219001620j:image

 

この日は晴れていて、とても気持ちの良い旅のスタートです。

 

さあ気持ちよくバスに乗ってスタート!というところで、またもアクシデントが起こりました

 

そう!男性の敵!急な尿意です。

 

トイレに駆け込みバス乗り場に戻ってきたときには、バスはおろか観光客の姿まで消えていました。

 

仕方ないので日光東照宮までは歩いて向かうことに。

 

 
f:id:gakuseikun:20170219002135j:image

東照宮へ向かっている途中に湧き水が湧いていました。

 

f:id:gakuseikun:20170219002248j:image

 

上の写真の岩の上に衛生上あぶなそうなコップが置いてあり引き返そうと思いましたが、看板の「おいしい水です」の圧力に負け飲んでみました。


f:id:gakuseikun:20170219002541j:image

 

うーん。普通の水!

ということで先を急ぐことに。

 

 

歩いていくと途中で不思議なものがありました。


f:id:gakuseikun:20170219002120j:image

 

日本中を探し回ってもこんな公衆電話は見当たらないと思います。

多分観覧車のゴンドラ?だと思いますが、

それにしても後ろの建物と溶け込んでいて違和感がまるでなかったです。

 

そんな不思議な公衆電話をあとにし、

歩くこと10分。

 

観光地の神橋が見えてきました。

 


f:id:gakuseikun:20170219003112j:image

 


f:id:gakuseikun:20170219003144j:image

 

この神橋、昔は渡れなかったのですが今は渡ることができます。

 

しかしこれが大人の世界。

通行料が渡るためだけに取られるのです。

しかも渡りきるとそのまま通り抜けできず

折り返して同じ場所に戻ってくることになっています。

 

まあケチ臭いので今回はスルーで東照宮に向かって進んでいきます。

 

 さあ大人の世界の闇も見つつ、やっとこさ生まれて1度は行ったことのあるであろう日光東照宮にやって来ました。


f:id:gakuseikun:20170219005205j:image

 

私事ですが、この写真を撮っているときに美人な外国人の方に写真をお願いされたので

撮ってあげたのですが、

どうやら気に入らなかったようで結局自撮りしてました。

 

まあそんな愚痴は置いといて先へ行くと大きな鳥居が。


f:id:gakuseikun:20170219005522j:image

 

迫力がありますね。

 近所の神社とは桁違いです。

 

また五重塔も左手にありました。


f:id:gakuseikun:20170219005642j:image

 

これまた、なかなかの迫力ですね。

 

さて、ステステと歩いて本殿の前までいくと

またしても入館料がかかるとのこと。

看板を見ると大人1300円の文字が!!

 

1300円!?

 

この1300円を払うか否かを巡り、

僕の頭の中で天使と悪魔が戦っています。

 

 

悪魔

 

「おいおいおい!1300円は高いだろ!

しかもここ来たことあるだろお前!

よく考えろ!

1300円あったらなにができるよ?

我孫子の立ち食いそばが2杯食べれてお釣りが来るぞ?ここはスルーだ!」

 

 

天使

 

「ここは世界遺産よ!

こんな遠くまで来て東照宮に入らないなんてあり得ないでしょ!

 

でもやっぱり我孫子の立ち食いそば2杯は魅力的よね、、、

やっぱりここはスルーしましょ!」

 

 

天使、悪魔の満場一致でスルーすることに決めました。

 

ちなみに我孫子の立ち食いそばが気になる方はこちらの記事もどうぞ!

 

立ち食いそばの殿堂! 誰もが認める超大盛り唐揚げそばとは!? - 学生くんの本音で一人旅

 

 

おふざけもここら辺にして東照宮を無事スルーした僕ですが、さすがに何も見ないのは

ブロガー的にもいろいろと良くないので、

無料の二荒山神社にやって来ました。

 

f:id:gakuseikun:20170219010934j:image

 

加工無しでこんなに綺麗に撮れるんですよ?

プリクラで盛っている女子学生達は見習って欲しいくらいです。

神主さんが竹ほうきで掃除をしているのがなんとも味があっていいです。

 

そんな二荒山神社には有名な杉の木がありました。

それがこちら


f:id:gakuseikun:20170219011239j:image


f:id:gakuseikun:20170219011254j:image

 

夫婦杉と親子杉です。

 

どっちも同じかよ!とか思ったそこのあなた!

 

ぜひ実際に現地に見に行ってください!

 

本当に見分けがつきません。

 

しかし、厳かな雰囲気でとても素敵だったので皆さんも日光に行ったときにはぜひ立ち寄ってもらいたいです。

 

さてお昼も近づいてきて観光客のかたも増えてきたので駅に戻りました。

 

駅前のお土産屋さんを見ていると、ひときわ目を引くものがありました。


f:id:gakuseikun:20170219012015j:image

金箔ソフトです。

 

金箔なんて消えちゃうキャンディの当たりでしか食べたことがなかった僕はすぐに買ってしまいました。


f:id:gakuseikun:20170219012156j:image

 

気になる金箔の味ですが、

 

無味です。

 

なーんの味もしません。

簡単に説明すると味のないかつおぶしのようでした。

ただちょっと贅沢な気分に浸れるので興味のある方はぜひ食べてみてください。

 

さて、リッチピープルな気分で駅に行くと、

こんな電車が止まっていました。


f:id:gakuseikun:20170219012516j:image

 

真っ赤な車体に雪が付いていて、まるでサンタクロースみたいです。

 

ちょうど次の目的地の鬼怒川公園にも行く列車なので、早速乗り込みました。

 

さて、まずは乗った感想ですが

とっても快適です。

朝の列車が嘘のようでした。


f:id:gakuseikun:20170219012828j:image

 

普通の列車なのですが観光列車のような作りでした。

日光から鬼怒川に向かう人に僕は、

本数は少ないですがこの列車をおすすめします

 

名前は、AIZUマウントエクスプレスです。

 

調べると時刻なども出てきますので

ぜひ使ってみてください!

 

わたくし学生くんが

責任をもっておすすめします!!

 

ちなみに鬼怒川へ向かう途中の車窓もとても綺麗です。


f:id:gakuseikun:20170219013227j:image

 

 

1時間ほどで目的地の鬼怒川公園駅に着きました。

鬼怒川温泉駅じゃないの?と思う方も多いと思いますが、

鬼怒川公園駅の近くには岩風呂があるのです。

しかもそこは、公営でとても安いのでケチな学生くんは今回、鬼怒川公園で降りました。


f:id:gakuseikun:20170219014026j:image

 

鬼怒川温泉駅とは打って変わり、とても静かな駅です。

 

駅を出てしばらく歩くと看板に岩風呂の文字が


f:id:gakuseikun:20170219013554j:image

 

温泉が近づくとやはり人間、心が踊ります。

 

緩やかな斜面を登ると温泉の建物が見えてきました。


f:id:gakuseikun:20170219013915j:image

 

しかしこの温泉、本当に安い。

大人500円と、つぶれないのか心配になるほどの安さです。

 

僕が行った日には山から風花が吹いており、

露天風呂は景色もよくて最高でした。

 

ちなみにタオルは有料なので絶対に忘れないようにしましょう。

 

僕は忘れてしまい、しかも気づいたのが脱衣所だったので

露天風呂の通路で自然乾燥という、

半ば拷問のようなことをし翌日かぜを引きました。

 

もう一度言います。

タオルは絶対に忘れないようにしましょう。

忘れたら素直に買いましょう。

 

さて風呂に入り気分もよくなったので鬼怒川温泉駅まで歩くことにしました。

 

テクテクと奥田民生を歌いながら歩いていくと

なにやら吊り橋がありました。


f:id:gakuseikun:20170219015359j:image

 

すごく立派な吊り橋だったので渡ることにしたのですが、これが正解。

橋の真ん中辺りから見る景色は

THE鬼怒川という風景でとても迫力がありました。


f:id:gakuseikun:20170219015632j:image

 

吊り橋をあとにし鬼怒川温泉駅へ向かっている最中に気づいたのですが、

鬼怒川は廃ホテルが数多く残っていました。

 

看板や外観はボロボロだったのでバブル崩壊とともに店をたたんでしまったのだと思います。

 

学生ながら、廃ホテル跡を活用すれば街に活気が戻るのではないかなと思いました。

 

まあそんなことはさておき歩き続けて鬼怒川の市街地へ行くとお土産やさんがありました。

 

入ってみると優しそうなおばあちゃんが迎えてくれてお茶まで出してくれたので、

温泉まんじゅうとかんりんとうまんじゅうを買いました。


f:id:gakuseikun:20170219020435j:image

 

温泉まんじゅうは、こしあんで皮も薄く美味しくいただいたのですが、

問題がこいつ。


f:id:gakuseikun:20170219020536j:image

 

そう、かりんとうまんじゅう。

 

こいつがバカみたいにうまい!

 

外はカリカリサクサクで、中はしっとりこしあん。

1個食べたら止まらなくなり2個追加で買ってしまい、最終的には家で食べるために持ち帰りで8個。

計11個も買ってしまいました。

 

しかしそれだけ美味しい。

かりんとうまんじゅうの常識が覆りました。

 

温泉に入りお腹も満たし幸せいっぱいの気分で

鬼怒川温泉駅に到着しました。

 

 

あまり旅に関係ない思ったこと

今回訪れた日光鬼怒川ですが、両方の町とも

外国人観光客の姿が多く見受けられ

日本人のみならず外国人にも人気なのだと思いました。

その分観光地周辺は道や駅前が舗装されていたりと綺麗なのですが、

少し道を外れるとゴミが散乱していたりと、

あれ?と思ってしまうこともありました。

 

そんななか、とある自転車に乗った若い方が

道の端に落ちているゴミを拾いながら走って行ったのを見て、このような行動が広がっていけばいいなと思いました。

 

 

そして日光鬼怒川。

 

どちらもお互いに違った雰囲気の町なのですが

それぞれに良さがあり、

また気づかないような所に発見がありと

とても楽しかったです。

ぜひ皆さんも1日暇な日ができたときにでも

行ってみてください!

 

おまけ

鬼怒川温泉駅前と下今市駅構内では、

今年の夏に復活するSLの向きを変えるための転車台の設置工事をしていました。

工事は今の時期にしか見れないので、

興味がある方は見てみて下さい!


f:id:gakuseikun:20170219021116j:image


f:id:gakuseikun:20170219022749j:image

 

 

それでは皆さん!よい旅を!

 

ぜひTwitterのフォローよろしくお願いします!

 

 

スターもらえるとやる気上がります!はてブも! 

読者登録もぜひ!

にほんブログ村に参加しています!

とりあえずポチってみよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ