学生くんの本音で一人旅

日々おもしろいを求めて

インスタ映えに最適! 紅葉を見るならトロッコわたらせ渓谷号

どうも。学生くんです。

 

10月も終わりかけ都心はハロウィンムードで盛り上がっているある日、わたらせ渓谷鐵道に乗り、紅葉を見に行ってきました。

 

まず始めに、わたらせ渓谷鐵道とは群馬県桐生駅から足尾銅山のある足尾駅などを通り間藤駅まで伸びる関東でも珍しいローカル線です。

国鉄時代は足尾銅山で採れた銅を運ぶ路線でしたが今は地元の人の足、そして観光などに使われています。

  また、わたらせ渓谷鉄道では4月から11月まで関東では唯一トロッコ列車を運行しています。

 

今回はトロッコ列車に乗って紅葉を楽しむべく群馬県わたらせ渓谷鉄道にいってきました。

 

まずは浅草駅から東武鉄道の特急りょうもう号に乗ってわたらせ渓谷鉄道との乗換駅である相老駅を目指します。

 


f:id:gakuseikun:20170201193553j:image

 

 

特急列車に乗り浅草から2時間程で相老駅につきました。

 

 しかしこの日は濃霧の影響で信号が見えずに電車が運転を見合わせていました。

 


f:id:gakuseikun:20170201194946j:image

 

 

そのため、霧が引くまでの1時間ほど相老駅で足止めを喰らってしまいました。

 

 

霧が薄くなり始めたので、紅葉が見れるのか不安を感じつつも列車が動き出しました。

 

 

出発して少し経つと山の中に入り、渡良瀬川に沿って走っていきます。

相老駅を出て30分で水沼駅に到着しました。

 

 

しかし、なぜ水沼駅で降りたのか?

 

 

それは、この水沼駅

 

 

なんと関東で唯一、駅の中に温泉がある温泉駅だからです。

 


f:id:gakuseikun:20170201201525j:image

 

 

上りホームの駅舎自体が温泉になっている珍しい駅ですが、最近はお客さんも少ないらしく穴場スポットになっています。

 

水沼駅の温泉は料金は600円で屋内の風呂と露天風呂の合計2つのお風呂があります。

 

さっそく露天風呂に入ってみると、そこからは渡良瀬川と紅色に色づいた山の景色が広がっていました。

 

お風呂では写真は撮れないのでぜひ皆さん、1度足を運んで自分の目で確かめてください!

特に秋はおすすめです。

 

風呂に入り気分も体もポカポカになったところで再び列車に乗りました。

 


f:id:gakuseikun:20170201202646j:image

 

 

2両編成の列車に揺られ車窓を見てると、、

 



f:id:gakuseikun:20170201203754j:image

なんだあれ?

 

 

列車のレストランという看板が気になったので神戸駅で途中下車することに。

 

 

ちなみにこの駅は神戸と書いて「こうべ」ではなく「ごうど」と読むそうです。

なんでも兵庫県の神戸と区別するためだとか。

 

行ってみると、どうやら列車をそのまま客席に使ったレストランでした。

 

 

f:id:gakuseikun:20170201204259j:image

 

 

せっかくなので、このレストランで昼食をいただくことに。

 

地元で採れた山菜をつかった山菜そばをいただきました。

 

 

f:id:gakuseikun:20170201204534j:image

 

 

写真は悪いですが味はそこそこのおいしさでした。

 

子供連れの方などは行ってみるとお子さんが喜ぶかもしれません。

 

 

神戸駅のレストラン清流でお昼も済ませ次の列車を待っていると、下りのトロッコ列車がホームにやって来ました。

 レトロな機関車が客車を4両引いていてすごくかっこいいです。

 


f:id:gakuseikun:20170201204908j:image

 

 

 

やはり観光列車とだけあって鉄道ファンや観光客ですごい人です。

 

 

このトロッコ列車は4両のうちの2両は窓がありません。 

そのため駅から車内に呼びかけをする売り子さんがいて、画になる写真が撮れました。

 


f:id:gakuseikun:20170201205010j:image

 

 

 

 この売り子のおばあちゃん。神戸駅で列車に乗ってる人たちに大福などを売っているそうです。

 

僕も話を聞き写真を撮らせていただいたあと、大福を買ってみました。

 


f:id:gakuseikun:20170201205253j:image

 

 

大福は、おばあちゃんの手作りらしく、とてもおいしかったです。

 

素敵な出会いもあったところで、

トロッコ列車に乗るために足尾駅に向かいました。

 

 

しかし、午前中の濃霧の影響で遅れが生じ、途中の沢入駅で列車が止まってしまいました。

 

しかたなく列車が動くまでの約30分、沢入駅周辺を散策することにしました。

 

 

沢入駅周辺は紅葉がきれいなことで有名らしく、駅を降りるとあたり一面真っ赤でした。

 

 

f:id:gakuseikun:20170201205920j:image

 

 

 

f:id:gakuseikun:20170201205940j:image

 

 


f:id:gakuseikun:20170201210010j:image

 

近くには遊歩道もあり紅葉もきれいだったので、飽きずに散策することができました。

 

降りる予定はありませんでしたが、偶然すてきな駅を発見できました。

紅葉の季節は沢入駅でもぜひ途中下車してみてください。

 

30分ほどで列車が発車し朝からの疲れで眠ってしまいました。

 

起きると足尾駅の手前でした。

 


f:id:gakuseikun:20170201210326j:image

 

 

車窓には、かつて鉱山で栄えてた時の名残か、大きな廃工場のような建物がたくさんありました。

 

 

そして足尾駅に到着しました。

 

駅にはすでにトロッコを待つ大勢の人だかりができていました。

 

 

トロッコ列車の座席の整理券は持っていたので駅構内を回ってみることにしました。

 

最後にも説明しますがトロッコ列車には普通の切符のほかに座席の整理券が必要になります。

 

駅の奥には昔使われていた列車がひっそりと保存されていました。

 

 

f:id:gakuseikun:20170201210838j:image

 

 

もう少しゆっくり見て回りたかったのですが朝の遅延で20分ほどでホームにトロッコ列車がやって来ました。

時間がある方は足尾銅山なども近くにあるのでぜひ足を運んでみてください。

 


f:id:gakuseikun:20170201211103j:image

 

 

このトロッコ列車の窓ガラスがない車両は人気が高いので、絶対にその車両に座りたい方は早めに駅に並ぶことをおすすめします。

 

この日は気温が低く、お客さんが運良くガラスのある車両に流れ込んだので、僕も無事に窓ガラスのない車両に座ることができました。

 


f:id:gakuseikun:20170201211615j:image

 

 

乗客が乗り終えると間もなく、トロッコ列車は走り出しました。

やはり窓ガラスがないと寒いです。

 

車窓を眺めていると渡良瀬川が隣に現れました。

 


f:id:gakuseikun:20170201212531j:image

 

 

この車窓には車内からも歓声があがりました。

 

 

そして足尾駅を出てから走ること10分ほど。

先ほどの沢入駅を出たところでトンネルに入りました。

 

このトンネルは草木トンネルという、5キロ以上の長いトンネルです。

 

ロッコの車内は電気がないので一気に真っ暗になりました。

 

しかし次の瞬間。

 

 

 

 


f:id:gakuseikun:20170201212746j:image

 

 

いきなり天井には星のようなイルミネーションが現れました!!

 

 

これは約10分あるトンネル内で乗客を飽きさせないために社員の方々が考えたサプライズだそうです。

 

暗いトンネル内をうまく活用した素晴らしいアイデアです。

 

しかしながら10分はさすがに飽きます笑

 

 

そして10分間のトンネルの中は想像以上に寒いです!

僕が行ったのは10月でしたが薄い服3枚程度では寒すぎました。

特に窓がない車両は注意してください!

 

皆さんは暖かい服装でいきましょう。

 

トンネルを抜けるとどこまでも紅葉が続いています。

 


f:id:gakuseikun:20170201213441j:image

 


f:id:gakuseikun:20170201213504j:image


f:id:gakuseikun:20170201213623j:image


そして足尾駅を出て1時間半ほどで、

終点の大間々駅に到着しました。

 

f:id:gakuseikun:20170201214007j:image

 

  

わたらせ渓谷鐵道は、僕も何度も乗っていましたが四季折々の景色を楽しめるとても魅力的な路線です。

 

春はあじさい、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色とそれぞれの顔を持っており、また温泉駅や列車のレストランなどおすすめしたい場所も多いです。是非一度皆さんも乗りにいってみてください。

 

注意事項ですが、トロッコ列車は予約してトロッコ整理券を買わないと乗車できません。

また人気の列車のため特に紅葉シーズンは

早めの予約をおすすめします。

乗車日の1ヶ月前からJRのみどりの窓口などでも整理券は購入できます。

値段も安いので渡良瀬鉄道に乗るときはぜひ利用してみてください。

 

おまけ。

 

 

相老駅の駅前にあるうどん屋さん、はせ川の「ひもかわ」がとてもおいしかったです。

ひもかわとは群馬県桐生市の郷土料理です。

幅の広いうどんで形は正方形に似ています。

とても美味しいので観光ついでに是非寄ってみてください。
f:id:gakuseikun:20170201220714j:image

 

 

 


f:id:gakuseikun:20170201220756j:image

 

それでは、よい旅を!

 

 

にほんブログ村に参加しています。

よかったら、下のボタンをポチってください。

[http://www..com/にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村:title]